ロックフェラーセンター

今日は会社の帰りにセントパトリック教会へ行ってみた。入ったと同時に荷物検査。またか・・・。もう、こういった荷物チェックはうんざり。しかも、たいてい検査をする人たちは、ちょっと開けて上から見るだけ。底に大きなダイナマイトを入れてあったとしても、絶対に気づかないだろう。何のために雇われているのだろうとも思う。人件費の無駄じゃ何かな?教会の中を歩いていると、たくさんのキャンドルに火がともされている。これと一緒にお祈りするのだろう。キャンドルに近づいてみると、キャンドルを使う時は2ドル、この箱の中に入れろ、と書いてある。あちらこちらに「金くれ!」(寄付なんだけど、私には、こう読み取れる)と書いてあるボックスが並んでいる。なんだか悲しくなった。その後、ロックフェラーセンターに行く。クリスマスシーズンの映画でよく見るスケート場も、夏はカフェテリアになっていて、たくさんのテーブルが並んでいる。ホールマークのお店があったので入ってみると、あの皇帝ペンギンのぬいぐるみが親子で売られている。20ドル。欲しい。赤ちゃんのみは4ドルだった。ああ、お金があったら。そして、気になるのはロックフェラーセンターの周りに、たくさんのギリシャ神話の像がある。アトラス、プロメセウス、ゼウス。なぜなのか、理由を調べてみたい。
[PR]
by tonton06 | 2006-07-26 22:11
<< 悲しい過去 スモールワールド >>