ニューヨーク恋物語

いつも会社の帰りはどこかへ寄ってから、家路に着くのだが、外は小雨だったのでまっすぐ帰宅。テレビもコンピューターもない生活っていうのは、現在では想像するのが難しいと思うが、本当に退屈である。
この前、日本人向け情報誌をよんでいたら、「マンハッタン ダイアリーズ」というドラマの出演者を募集していた。応募する気などはないのだが、その記事を見たとき、なんだかとても嬉しくなった。日本からニューヨークに来た世代の異なる3人の女性の人生ストーリーとなっている。もう15年くらい前のドラマ、「ニューヨーク恋物語」を毎週楽しいに見ていた日を思い出す。あのドラマを見ていた時、一人一人しっかりと自分の人生を生きていることに、ただ感動していた。特に桜田淳子さんの強い女の焼くが印象に残っている。あの人は、ドラマの中でよく、「そんなことじゃニューヨークで1人で生きていく事なんかできないのよ。」と言っていた。「強くなければニューヨークでは生きてはいけない」「頑張れば夢は叶う」といるメッセージをもったドラマだったような気がする。今は、私がニューヨークで1人で生活をしている。あの時、かっこいいと思っていた生活の中に自分がいる。もちろん、今の自分がかっこいいなんて思ったことはない。この視点から、今度新しく始まるドラマを見てみたい。とても楽しみだ。
[PR]
by tonton06 | 2006-07-28 22:06
<< ソーホー 悲しい過去 >>